あの日、

 津波に流されずに

 残ったものがあった。

 それは、希望だった。

 

 2011年3月11日、東日本大震災。宮城県・石巻漁港を襲った

 大津波で、多くのものを失った水産加工会社、木の屋石巻水産。

 泥の中から出てきたのは、傷だらけになりながらも流されずに

 残っていた、たくさんの缶詰でした。悲しみをシェアすれば、

 半分になる。希望をシェアすれば、倍になる。 これは、宮城・石巻と

 東京・経堂の人と人のつながりから生まれた、確かな希望の物語です。

 絵本「きぼうのかんづめ」プロジェクトが、動き始めています。