【お知らせ】パルシステム東京主催の東日本大震災復興シンポジウム「震災から5年、これから私たちができること」で絵本「きぼうのかんづめ」のトークセッションが開催に。(2016年3月5日開催)


絵本「きぼうのかんづめ」プロジェクトの活動が続いています。

生活協同組合パルシステム東京主催の東日本大震災復興シンポジウム「震災から5年、これから私たちができること」で絵本「きぼうのかんづめ」のトークセッションが行われることになりました。

作者の須田泰成さん、宗誠二郎さん、木の屋石巻水産・鈴木誠さん、そして松尾貴史さんが登壇されます。

当日、絵本や木の屋石巻水産さんの商品の販売も予定しています。

<主催者ホームページより>

震災から5年。私たちの被災地への思いは今も変わらないでしょうか?あの日の記憶を思い出し、復興への気持ちを後押ししてくれる一冊の絵本があります。絵本「きぼうのかんづめ」…震災被害を受けた石巻の水産加工会社が、遠く離れた東京の商店街の支援を受けながら立ち直るまでのストーリー。シンポジウムでは、「きぼうのかんづめ」にかかわる人々を招いてトークセッションを開催します。絵本の作者と親交のある“キッチュ”こと松尾貴史さんによる絵本の朗読も!震災を「忘れない」気持ちをいっしょに考えてみませんか。

日 時: 3月5日(土)10:00~15:30
会 場: パルシステム東京新宿本部2F 第1・2会議室 (JR「新大久保駅」下車徒歩10分、副都心線・都営大江戸線「東新宿駅」下車徒歩6分/新宿区大久保2-2-6ラクアス東新宿)
参加費: 300円 (組合員外350円)
定 員: 100名 (申込多数の場合、抽選。結果は全員へ連絡)
※お子さんの参加は小学5年生以上が対象です。対象未満のお子さんを同席しての参加はご遠慮ください。

  • 申込締切:  2月22日(月)16:00

詳細は、パルシステム東京のイベントページ(こちら)をご覧ください。

【お知らせ】パルシステム東京主催の東日本大震災復興シンポジウム「震災から5年、これから私たちができること」で絵本「きぼうのかんづめ」のトークセッションが開催に。(2016年3月5日開催)” への1件のコメント

  1. ピンバック: 経堂こども文化食堂 第四回が終了しました。 | 経堂系ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です